本文へスキップ

    ●保育/教育/福祉/食育/健康/生活/心理●

お問い合わせはTEL.042-740-0773

〒252-0317 神奈川県相模原市南区御園1-18-57

コンセプトまなざしの保育理論と実践 −一人ひとりへ温かいまなざし

川口短期大学こども学科 編

ISBN978-4-903355-22-1

A5判
定価(本体2500円+税)
2010.3.1発行

保育の場にはいくつものまなざしが存在する。そこから見る側には感情とともにかかわりを持つという行動が生まれる。保育の場におけるまなざしは,保育者から子どもだけでなく,子どもから保育者あるいは自然や造形的素材にも向けられ,また,保育にまつわる多くの事柄もその対象となる。本書は「まなざし」という言葉をキーワードに,そこから保育のあり方を考えようというものである。


●主な内容

第1部 子ども論−子どもへのまなざし

  第1章 児童文学論と「子ども」の概念
         −「まなざし」を問う−
  第2章 乳児期の「育ち」を支えるまなざしとは
         −現象を異化しうる保育の追究−
  第3章 保育者から親・家庭へのまなざし
         −今求められる「子育て支援」とは−
  第4章 モンテッソーリとその教育
         −弱き存在へのまなざし−

第2部 保育理論から保育実践へ

  第5章 発達へのまなざし
         −愛着の視点から−
  第6章 保育者と幼児のコミュニケーション
         −言葉に対する保育者のまなざし−
  第7章 環境との対話を見守るまなざし
         −事例からのメッセージに学ぶ−
  第8章 子どもの音楽表現と保育者のまなざし
         −「生きる力」をはぐくむ音楽教育とは−
  第9章 まなざしの共有をめざして−子どもが素材に出会うとき−

第3部 保育者養成へ

  第10章 保育者養成における音楽教育へのまなざし
         −ピアノ指導と歌唱指導に視点をあてて−
  第11章 保育者に求められる子どもへのまなざし
         −保育実践の中で子どもが教えてくれたこと−
  第12章 保護から自立支援へののまなざし
         −施設内虐待からの再興の道−
  第13章 子ども問題と援助のあり方について考える
         −援助者のまなざし−



shop info

ななみ書房

〒252-0317
神奈川県相模原市南区
御園1-18-57
TEL.042-740-0773
FAX.042-746-4979